活動レポート

天草さくら鯛を使って試食会開催!!

2013年3月13日

産卵期を控え美味しさの際立つ天草さくら鯛と天草レモンをコーディネートしてみました(*^_^*)

今回はレモンを工夫して三種類の【鯛のレモン蒸し】を作ってみました。

 

CIMG2492.JPGのサムネール画像 

材料はこちら↑

天草さくら鯛(300g)、天草レモン(1個)、ほうれん草(1束)、しめじ(1パック)、白ワイン(50cc)、バター(30g)

塩 コショウ 醤油 (少々)

 

作り方 

CIMG24952.JPGCIMG2498.JPGCIMG2503.JPG

  1. 鯛に塩コショウをしてしばらく置く
  2. 鍋に水を入れ、オリーブオイルを少し入れる(今回はサラダ油で代用です(~_~))
  3. 沸騰したらほうれん草を入れ蓋をして蒸し煮にする。
  4. 鍋にレモンの輪切りを半分敷き鯛を並べ鯛の上に残りのレモンを乗せる。しめじを空いた所に置き白ワインを入れて火にかける。
  5. 強火から弱火にし、鯛が煮えたらほうれん草とバターを入れバターが溶けたら火を止める。
  6. 鯛と野菜をお皿に盛りソースを少し煮詰めて塩コショウで味を整え仕上げに醤油をかける。出来たソースを鯛の上にかけたら出来上がり!

 

天草さくら鯛のレモン蒸し完成☆女性陣で頑張って作りました(^^♪

CIMG2502.JPG美味しそうでしょ(^_-)-☆

レモン皮つき↑

CIMG2505.JPG天草さくら鯛が春らしい色でしょ(●^o^●)

レモン皮なし↑

CIMG2512.JPG

レモン絞り汁↑

 

試食会アンケート結果

<皮あり>

  • 食べ始めは他の2品より取っ付きにくいが、そのうちはまり込む大人向き(Kさん)
  • 鯛の身は生臭さは感じないが、酸味が強い(Sさん)
  • 苦味・酸味が強すぎる(Mさん)
  • 苦味があり、すっぱいのが好きな人は美味しいのでは(Uさん)
  • 酸味は程よい、魚の身には酸味を感じない(Hさん)
  • 苦味が気になりました(Eさん)

<皮なし>

  • 良い意味でレモンの酸っぱさが味わえる(Kさん)
  • 鯛の身は生臭さは感じないが、酸味が弱い(Sさん)
  • 酸味が強すぎる(Mさん)(Uさん)
  • 酸味が野菜にしみて少し酸っぱい(Hさん)
  • 酸っぱさが少し強い気がします(Eさん)

<絞り汁>

  • 大人から子供まで向くさわやかさが一番の持ち味(Kさん)
  • 鯛の身の生臭さが先に強く引き立つ。バターとレモン汁の合わせたのは好きではない(Sさん)
  • 食べやすいし、さっぱりしている(Mさん)
  • 酸味はほとんど感じない(Hさん)
  • 魚の生臭さも消えてあっさり感で好きでした(Eさん)
  • 子供にもOK!(Uさん)

 

全体的に見て、野菜はしっかり味がついているけど魚の味が薄かったようです。ご家庭で作られるときは塩コショウを多めにした方が美味しいかもしれませんね。試食会の食べている様子を食べるのに夢中で撮るのを忘れていました←ごめんなさい(ーー;)

時々このように試食会を行ったりしています。ここで紹介するのは初の試みでしたが、いかがだったでしょうか?

またご紹介できたらと思います(@^^)/~~~

 

ページの先頭へもどる